MRF(マネー・リザーブ・ファンド)

MRFとは、マネーリザーブファンドを略したもので、投資信託の一種であります。投資先は高格付けの公社債、CD、CPといった短期金融商品であるため、極めて安全性が高く、過去に一度も元本割れをしたことがありません。投資する方法は実に簡単で、証券会社の口座にお金を入れておくだけです。そのまま入れておけば、月末にまとめて1か月分の金利が受け取れます。リスクが低い分、金利も低く、銀行の普通預金よりもやや高い程度です。しかし、何も投資する予定のないお金があるのであれば、リスクが低く、難しい知識も必要ないため、投資の手段のひとつとして有効であると言えます。また、解約手続きが不要であるため、すぐにその資金を他に回せます。株式や投資信託を買うまでの準備資金として、証券会社口座に入れておけば、わずかながらとはいえ、資産が増えるのです。また、MMFというとても似ている金融商品もあります。これはMRFと同じように、安全性が高いのですが、最初の30日間に解約すると解約手数料がかかります。その分、金利はやや高くはなります。したがって、投資の準備金として資金をストックしておくのであれば、MRFの方が有利であると言えます。

Comments are closed.