ライフ・サイクル・ファンド

ライフ・サイクル・ファンドとは国内や外国の株式や債券を組み合わせることでリスクを分散して運用するバランス型ファンドの一種で、投資家のライフサイクルに合わせて資産配分が変動することが特徴となっています。ファンドの購入者が若年層の場合においては、運用の期間が長期にわたることでリスクは大きくなりますが、長い期間投資を続けることによって高いリターンが期待できるように株式の組み入れ比率を高めた積極的な運用が行われます。一方で高齢の層の場合には運用の期間が短く設定されるので、確定利付き商品の組み入れ比率を増やした安定運用に資産配分を変えていきます。多くの場合は株式のポートフォリオと債券によるポートフォリオを組み合わせることで再び投資をするファンド・オブ・ファンズの形態をとっています。仕組みとしては代表的なものとして二つに分類されていて、運用会社がリスクの異なるファンドを複数用意して投資家が自身のリスクの許容度に合わせてファンドを選択して、リスクの度合いを変化させたい場合にはスイッチングと呼ばれる乗換え手続きを行うものと、運用会社が各ファンドごとに満期目標時期を定めておいて、その満期時期に合わせてポートフォリオのリスクを少しずつ低減していくものがあります。

Comments are closed.