外国投資信託をマスターするには

日本銀行が異次元の緩和というものを続けていく限り、金融商品の金利が上がってくるということを期待しにくい状況があります。そうするとどうしても海外の高金利商品を購入したくなるのですが、海外の商品と言ってもいろいろあります。その中で外国投資信託というものも人気の商品であると言えます。

これはどのような商品化というと、海外に国籍のある投資信託です。ではそもそも投資信託というものは何かというところから始めましょう。投資信託というのは、出資者から資金を集めたファンドのファンドマネージャーが、その資金を元にして運用を行いその利益を配当ということで分配する投資スタイルのことです。これですと、出資者自身が運用をするわけではないですから、投資に関する知識があまりない人であっても資金さえあれば、投資してその運用をプロのファンドマネージャーにお任せできるという、手軽な投資スタイルです。

海外の投資信託というのは、そのファンドが外国籍ということです。ですから基本的には外貨建ての商品です。つまり、為替差益が発生するので、そのあたりは気を付けなければいけません。しかし中には日本円建ての商品もありますから、為替リスクを回避したいのであれば、そういう商品を探すというのが良いでしょう。

Comments are closed.