外国投資信託の仕組み

外国投資信託の仕組みとしては、日本の証券会社で販売されている金融商品であっても、海外の運用会社の社員が現地でそれぞれの運用を行っていることが挙げられます。日本の証券会社を通じて海外投資信託へ資金が流入しても、資金だけが海外の運用会社へ行くことになっています。海外の投資信託においては、現地にいる人でないと購入できない金融商品が出てくることがあります。そこで、運用会社では各国に運用拠点を設けることで、あらゆる金融商品に対応している状況があります。
外国投資信託では、運用担当者が外国人であることが多くなっています。とくに欧米系の運用担当者というのは投資ノウハウを多く持っているため、安心して運用を任せられる面があります。アメリカのファンドマネージャーでは企業を訪問するなどして割安に放置されている企業を見つけるのが上手い人がいます。そうした人が所属している投資信託では、何年にも渡って市場平均パフォーマンスを上回っているところが出ています。そのため、外国投資信託の選択では日本の運用会社よりも、海外の優れた運用会社の商品を買った方が有利になる可能性も少なくないです。世界的な運用会社の海外投資信託の中には、市場平均をはるかに上回る商品もあるのでチェックしておきたいところです。

Comments are closed.