外貨建てMMF

外貨建てMMFとは、外貨ベースで作られているMMFのことを指します。MMFとは高格付けの債券で組成されたファンドのことを指します。外貨建てというのは総称で、具体的にはドル建てMMF、ユーロ建てMMF、ポンド建てMMFなど、通貨を指定した形で販売されています。
どの場合であっても、基本的には高格付けの債券が組み入れられていて、デフォルトリスクはきわめて低いと言えるでしょう。ゼロではありませんからデフォルトして元本割れすることもあります。とは言っても、ほとんどないと考えておいて良いでしょう。
リスクは小さいですが、それに応じてリターンも小さくなりますから、積極的に増やすためのものではないと考えられます。どちらかというと、一時的に外貨を保有するために用いるものだと考えられます。
例えば、米国株式に投資をするときにはドル決済の場合が多いですから、ドルを保有しておかなければなりません。このときに、ドル預金を用いるのではなくてドル建てMMFで保有するというようにすることができる場合が多いのです。ドル預金よりもドル建てMMFのほうが利回りが良いですから、少しでも増やしたいという場合に適していると考えられます。

Comments are closed.