ファンド・オブ・ファンズ

ファンド・オブ・ファンズとは、ファンドを組み合わせて作られたファンドのことを指します。例えば、バランス型ファンドは、株式や債券、不動産などを組み入れていることが多いですが、直接的これらを組み入れるのではなくて、株式を対象としたファンド、債券を対象としたファンド、不動産を対象としたファンドを組み入れるという形で組成している場合が多いのです。
このようにするメリットは何かというと、運用コストを抑えられることです。それぞれのファンドごとで運用するよりも、まとめて運用したほうが良いと考えられます。例えば、株式を運用する大規模なファンドを作っておき、組み入れるときにはそれぞれの株式を組み入れるのではなくて、このファンドの一部を組み入れるというようにすれば、運用コストを抑えることができるでしょう。
このような目的のために、運用に組み入れるためのファンドが提供されていて、これは個人では購入する事はできません。機関投資家向けに運用されているものだと言えるでしょう。このようにして運用をすることによってコストを抑えることができます。バランス型ファンドというとコストが高いというイメージを持つ人もいると思いますが、このような方法でコストを抑えていますから、それほど不利なものではないと言えるでしょう。

Comments are closed.